ブログ

2016年11月12日

第18回大阪府内科医会公開市民講座で講演

第18回大阪府内科医会公開市民講座で糖尿病は誰が治す? ならないためにあなたにできること と題して講演をしました

当日はあべのハルカスの25階ホールに250人もの市民の皆様に参加いただきました

 

%e5%b8%82%e6%b0%91%e8%ac%9b%e5%ba%a7%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc

dsc_0094_op

dsc_0089_op

 

当日の抄録から

糖尿病が増え続けています。これには不健康な食生活と運動不足による肥満が増えているのも原因のひとつです。最近はテレビなども糖尿病を取り上げることが多いのでご存じの方も多いと思います。糖尿病を放置していると腎臓、眼、神経が障害され合併症が起こります。また脳梗塞や心筋梗塞、さらに認知症や癌にもなりやすいことがわかってきました。これらの病気は血糖値が慢性的に高くなることで起こります。そのため糖は悪者のように見えますが、糖そのものは悪者ではなく、筋肉や脳など体にとり非常に大切なエネルギー源です。
最近は、糖尿病の食事療法として血糖さえ上げなければ大丈夫なのだから食事から糖質を抜けばOKといった単純なやり方が流行っています。もちろん糖の取り過ぎはいけませんが単に減らせば良いというものでもありません。また、甘いものをたくさん食べるから糖尿病になると思われている方もおられますがそうではありません。 たとえばおかきやポテトチップスは甘くはありませんが体で消化されると最後は糖として吸収されますので甘い物と同じです。
さて糖尿病にならないための第1歩はまず健診を受けることです。今40歳以上の方はだれでも特定健診を年1回無料で受けることができます。この健診で血糖値やHbA1cという検査が含まれ、これをみると糖尿病かどうかが分かります。特にHbA1cは採血をした日から遡り1〜2か月間の血糖値の平均を表す検査でとても大切な有用な検査です。HbA1cが6.5%以上だと糖尿病が強く疑われます。それ以下でも安心は禁物、健診は1回限りではなく毎年受け、その変化をみることが大切です。たとえ今回正常範囲でも毎年少しずつ上昇する場合は要注意です。

今日の講演ではさらに糖尿病について皆さんが疑問に思われることや、すぐに実践できるコツなどをお話したいと思います。 また後半のパネルディスカッションでも取り上げますので是非最後までご参加ください。

投稿者 by 院長

2016年6月9日[カテゴリ]:

糖尿病の新刊が集英社新書から発売です!

51H7A4mbJeL._SX308_BO1,204,203,200_

はじめに  まさかの糖尿病宣告を受けてどう生きるのか
第一章 糖尿病治療最前線
第二章 あなたも糖尿病かもしれない
第三章 糖尿病の本質的な問題は合併症にあり
第四章 糖尿病を重とくにする4番目の合併症「動脈硬化」
第五章 新合併症1 糖尿病になると認知症発症のリスクが高い
第六章 新合併症2 糖尿病になるとうつ病発症のリスクが高い
第七章 新合併症3 糖尿病になるとがん発症のリスクが高い
第八章 新合併症4 糖尿病では歯周病のリスクが高い
第九章 「夢の新薬?」 SGLT2阻害薬の効果と問題点
第十章 新薬登場で広がった選択肢と「インスリン」の今後
第十一章 糖尿病は「腹やせ」で治せ
おわりに  iPS細胞、ロカボ、お笑いとの関係も明らかに

■内 容

糖尿病治療の目的は、「合併症にならないこと」にあります。糖尿病の合併症とは、三大合併症である「網膜症」、「腎症」、「神経障害」、「第四の合併症の動脈硬化」、また、近年、「新合併症と叫ばれる認知症、うつ病、がん、歯周病」です。

糖尿病になると、食事制限や面倒なインスリン注射を毎日数回、それに、人工透析や足の切断の可能性もある……。そんなイメージを持つ方も少なくありません。しかしながら、糖尿病の治療法はここ数年で飛躍的に進化を遂げました。

2014年から順次発売された、「夢の新薬か!?」とウワサされる薬の情報をはじめ、注射と内服薬が週に1回でよくなった、血糖値を測るアプリの登場、腸内フローラやコーヒー・緑茶の働き、近い将来はインスリン注射が不要になるなど、最新の治療法情報に耳を傾けてください。 その上で、適切な方法で血糖値をコントロールすると、合併症を起こさずに健康な人と変わらない生活を送ることができるのです。

糖尿病・糖尿病予備群、メタボリックシンドローム、高血圧や脂質異常症など生活習慣病、がん、認知症、うつ病、歯周病が気になる方、そのご家族、医療関係の皆さま、ぜひご参考になさってください。

投稿者 by 院長

2016年6月9日[カテゴリ]:

毎日新聞 引き続きCKDで登場

毎日新聞CKD取材2016_ページ_1

投稿者 by 院長

2016年3月13日[カテゴリ]:

毎日新聞 ご近所のお医者さん

毎日新聞 ご近所のお医者さんで世界腎臓デーを紹介しました。

腎臓は毎日200リットルもの血液をろ過し体内で発生した老廃物を尿として体外に排泄し体内をきれいに保ちます。また血圧やミネラルの調節、造血ホルモンの分泌や骨の代謝といった体を健康に保つために大切な働きを司る臓器です。この腎臓の調子が悪くなり機能しなくなると血液中に老廃物や毒素がたまり、尿毒症となり生命維持のために透析療法が必要となるため、社会的にも大きな問題となっています。 CKDとは、腎臓の働きが健康な人の60%未満に低下、また尿に蛋白が出るといった腎臓の異常が続く状態を言います。現在日本では1300 万人のCKD患者さんがいるといわれ、糖尿病患者数より多く国民病と言えるでしょう。CKDは腎臓の病気ですが、高血圧、糖尿病、コレステロールや中性脂肪が高いといった脂質異常症、肥満やメタボリックシンドロームといった生活習慣病によっても引き起こされます。またCKDは、心筋梗塞や脳卒中の危険因子ということがわかってきました。つまり、腎臓を守ることは、心臓や脳を守ることにもつながります。食事カロリーや塩分の過剰、運動不足などにならないよう、世界腎臓病デーを機会に是非腎臓に優しいライフスタイルを意識してください。

毎日新聞_ページ_1

 

投稿者 by 院長

2016年2月22日

週刊文春に

今 一番ホットな週刊誌 週刊文春から取材ありました

2月11月号 週刊文春「本当に健康によいウォーキング教えます」に登場

1日30分のウォーキングが糖尿病を予防できるという国立がん研究センターの報告をもとに特集が組まれました

IMG_3802

投稿者 by 院長