ダイエット情報

糖尿病食用レトルト食品

糖尿病食セットが各社からでています。
1食320kcalの一汁二菜のメニューです。レトルト食品としては味はけっこういけます。これを毎日食べる訳にはいけませんが家庭に常備しておくとなにかと便利でしょう。 単身赴任の糖尿病患者さんにはぴったり。

低カロリーインスタント食品

レトルト(一品70〜230kcal)

糖尿病用宅配食


家庭で食事療法を始めるときに便利。カロリー計算された材料をあらかじめカットした食材を宅配してもらうもの。難点は自分で作らないといけないこと。しかしバランスととれた食事の作り方を勉強できます。この宅配食を用いることにより糖尿病コントロール状態が良くなったとの報告もあります。(松葉郁郎,PRACTICE,12,373-376, 1995)



  

糖尿病用宅配弁当

作るのは面倒という方には新たに糖尿病食宅配弁当ができました。 主食(ごはん)は自分で用意すれば、ややカロリーは少な目ですが毎日200kcalの副食になります。

特定保健用食品

特定保健用食品てどんなもの?
健康食品との違いは?健康食品の定義には特に決められた基準はありません。たとえばクロレラ食品、酵母食品など、その食品の効果についてはきっちりした裏付けはなくまったく効果のないものも多いようです。 しかし特定保健用食品は厚生省がその食品の効果が科学的に評価され、「健康にどのように有用であるかを表示してもよい」と許可した食品です。その中には、鉄分を多く含み貧血に有用なキャンデーやジュース、カルシウムを多く含むビスケットやキャンデー、糖尿病関連では食物繊維を多く含んだお茶があります。
しかし有用ではあってもそれ単独で大きな効果は期待できません。それほど明らかな効果を有するものであればそれは薬品ということになります。あくまでも補助食品であり、過大な期待は禁物です。

ダイエット和菓子

彩和菓子
神奈川県横浜の和菓子屋さんのグループが糖尿病専門医の指導のもとに開発したダイエット和菓子です。
カロリーを30%カットし食物繊維を1個に7g以上含有するもので通常の和菓子と甘さ、食感は変わらず食後の血糖の上がりを抑えられる優れものです。効果のほどは糖尿病専門クリニックにての試験でお墨付きです。

従来の和菓子とのカロリー比較 従来品kcal 彩和菓子kcal
利休饅頭 40g 110 79
きんつば 50g 130 94
どらやき 60g 189 132
くずもち 50g 115 81
ねりきり 40g 110 76



全国へクール宅急便で発送可能とのこと
連絡先:彩の会 代表 「寿々木」 矢部代表 電話 045-352-6345

低カロリーアイスクリーム

グリコから80kcalのカロリーコントロールアイスクリームが各味で発売されています。試食しましたが結構おいしかったです。
低糖質ケーキ:シャトレーゼ
低糖質パン:ローソン

注記事項

このページで紹介する商品はDr MOGが個人的な好みで選んだものです。
メーカーとの関係は一切ございません。